HOME>注目記事>ホワイトニングで真っ白いキレイな歯【笑顔に輝きを取り戻す】

ホワイトニングで真っ白いキレイな歯【笑顔に輝きを取り戻す】

白い歯

ホワイトニング治療とは

ホワイトニング治療とは、黄ばみがひどい場合や、着色汚れが落ちない歯を白くする治療法です。審美性が高い治療となるため、一般歯科で行うことは少なく、審美歯科などで行うことがほとんどです。1回〜2回の治療で、好みの白さまで歯をキレイにすることができます。「お掃除」で歯をキレイにするのではなく、歯の表面を溶かして白さを際立たせる方法であることがほとんどです。

治療

ホワイトニング治療を受けることで得られるメリット

歯医者で行っているホワイトニング治療を受けることで、歯の白さを取り戻すことができます。好みに応じた白さを取り戻せます。たばこやワインなど嗜好品で付いた歯の黄ばみや汚れを取り除くことができ、笑顔も映えるようになります。歯医者によっては、ホワイトニング治療を受ける前に虫歯治療などを施してくれるところもありますので、歯の健康を取り戻したいという方にもメリットが得られます。

歯科で行なっているホワイトニング治療の手順

ホワイトニング

歯の清掃と歯の色を確認

まずは虫歯などがないか確認し、虫歯があった場合は前もって治療を施します。前処理として歯の清掃を行います。また、現状の歯の色を確認し希望する歯の色を決定していきます。その後、薬剤が口の中につかないように「開口器」をはめ込みます。

薬剤の塗布と光照射

歯肉などを保護する専用ジェルを塗布し硬化させます。ここで前処理が終了です。その後、ホワイトニング剤を塗布し、光照射によって着色汚れを分解していきます。光照射は12分ほどです。これを何度か繰り返します。

後処理をして終了

ホワイトニング剤を除去後、歯肉保護のジェルと開口器をはずします。うがいをした後、歯の表面を研磨し、ホワイトニングは完了です。歯の色を確認し効果を確認したら、施術は完了です。白い歯を取り戻すことができるため自信が生まれます。